どうも人間として生きる才能がないようだ

アスペルガーの就職活動日記〜果たして自立できるのか?〜

2018年 発達障害とブランク数年と就活 ざっくばらんな話


ニトロです。
なんとか内定が出たので下手なことがなければ
就職できると思います。このまま就職させてくれ。

かなりブランクが空いていて不安しかない女の例ですが、
ざっくりと一年のスケジュールを
書いていこうと思います。

ブランクを不安に思う
誰かの参考になれば幸いです。





2018年

1月

どうやって年を迎えたのか覚えていません。
今年こそは就職できますようにと神さまにお願いしたと思います。
急に思い立って海外に行ってきました。
長期の旅行はニートになって初めてでしたが、余裕でなんとかなりました。



2月

自信をつけたニトロは国内旅行しまくります。
旅のしおりを作ったり計画を練ったり楽しかったです。
旅行して一月が過ぎ去りました。月日が経つの早すぎて泣けます。


3月4月5月

特に何もしていません。
典型的なニートとしてぼんやり過ごしていました。


6月下旬

底つきそうな口座に心臓がばくばくして、急に派遣サイトを見始めます。
登録が簡単すぎて深夜3時にあっちこっちに応募して
翌日朝に登録を促す電話がひっきりなしに掛かってきました。

一週間毎日都心部に出て登録しに会社に行きました。
一週間予定が埋まるのは何年ぶりでしょうか。

結局、未経験だと仕事全然ないですって言われて、
急にやる気をなくし登録するだけしてどこにも面接しに行ってません。

なんていうか、派遣にも倍率というものがあるのを知って
自分に職はないと早々に判断しました。

一社だけ、将来的正社員雇用ありの電話がありました。
判断基準がないまま「その話受けます」と言ったものの
その後詳細メールを送ると言われたにも関わらず、来なかったです。

派遣会社側から連絡すると言われて担当も決まらないまま
音沙汰が3社なので信用が構築できませんでしたね............
なんでこんなにガバガバなのだろうか.............
ていうか、見捨てられてる、、、、、?

因みに大手からは毎日メールが来ます


有名巨大企業系列の派遣登録しに行った時に、本格的な面接を受けさせられ
びっくりしましたがこの経験が正社員になろうと決意の一歩になりました。


7月

派遣登録で外部との接触に慣れたニトロは
転職サイトに登録します。

web履歴書を作成し、ブランクokを検索にかけて気になるボタンを押しまくります。
そして応募歓迎が来た企業から順番に応募していきました。
判断基準は住宅手当があればいいかなくらい。
ブランクがネックなので数打ち戦略でどんどん応募していました。

そして書類通過した企業からメッセージが来るので予定を合わせて一次面接です。
なぜか通過率が良かったので、面接の予定をたくさん入れましたが一向に次へ進めません。

この年、異常気象により40度近い気温の中長袖のスーツは気が狂うかと思いました。

ハロワにも行ってみました。職員の方々は優しく話をきいてはくれますが
あまりこの就職に関して詳しい様子でもなくてブランク?大丈夫大丈夫な
感じだったのが逆に不安だったのと、パソコンの情報が読み取りづらくて
結局利用したのは一度きりです。特に活用することはしませんでした。

また、エージェントによる就職活動もしてみました。
担当が「ブランクはマイナスになります」と言って
望んでいない接客業ばかり紹介されます。
一度だけ面接してみましたが、うーんって感じでした。


とある企業から落とされた理由について「面接態度や経歴に問題はなかったが、体調不良という不安要素を拭うことができなかった」と言われました。この意見が今後の参考になります。



8月

7月に手ごたえが全くなかったのと、8月になってさらに酷暑になり出歩くことが嫌になり
一次面接を断りまくってクールダウンの時期になります。

バイトをしようと思い近所の施設に登録したら面接もそこそこに即合格し、翌日から働き始めます。
これが転機になったのは肌身で感じます。

(ちなみにこのバイトも大変だったのでまたブログに書きたいと思います)

また、発達障害を強く意識してブログを立ち上げ
就労支援機関に登録し、活動の幅を広げました。


新しいことを初めて数日後に7月分の応募していた企業面接。
まだバイトに一回しか行っていないのになんと一次面接を通過したのです。
びっくりしましたね。

でもお盆まではバイトしたり休憩したりの日々です。
そして第3週にまた応募を始め、やっぱり書類通過し、一次も通過し始めます。

それからまだ一社も内定が出ていない状態の時に、
働いていた施設から事務員をやらないかとのお誘いをもらいます。
総務の方が私を認識していたらしく、仕事ぶりを評価してのことでした。
雇用は派遣なので、派遣会社から連絡があり、すぐに顔合わせになりました。

仕事内容も待遇も魅力的で計算すると年間で100万は貯金ができます。
それに、17時半定時で家とも近いため18時には自宅に帰ることができて
ASDを持つ私にとって、どう考えてもこの選択はありなんです。

ただ、この時に最終フローが2つあり、私の最終目的は正社員だったので
返事を待たせてもらいました。

内定がたので、このお話はお断りしました。
今でもこの選択が正しいのか判断はつきません。


せっかく内定が出てもう一度都会に出るチャンスを掴んだとき、
これを断ると一生後悔するような気がしました。
都会に出れば一人暮らしになるので貧乏生活が始まります。
また、ASDとして気をつけるべきこともまだ把握しないままで
就職が決まってしまいました。

不安の方が大きいですね。このままで大丈夫だろうか。
でももう、後戻りもできないので私はこのまま前に進みたいと思います。


ちなみに内定が出た企業は、規模が小さいので経営者と近く
自慢なことは居心地の良いオフィスで、社員思いだそうです。
環境は見た分には緩く、社長は変わっている私を気に入って下さってる、と思います…

まだわからないですけど。
約2ヶ月強で就活が終わったので、長期化しなくて胸をなでおろしました。







この就職活動を通して思い知ったことは、

空白期間…ブランクと退職理由は何を言っても無駄でした
しかしバイトを始めた瞬間から一次面接通りまくったので
就活を始める際に空白期間が半年以上ある人は、
短期でも派遣でも、とにかく履歴書に最新の職歴を書いた方が面接突破しやすいです。



そもそもの順序として、空白期間が長い人は社会復帰を考えた時にまず

就労支援サービスを受けて社会性を取り戻す

週1からでいいのでバイトを始める

嘘でも実績を作ったら就活


これが最も負担の少ないルートかと思いました。
しかし、この段階が叶うのはある程度の都会じゃないと難しいのではないだろうか?
ニトロは地方都市の栄えた地域に住んでいるため、外出は容易でした。
しかし、もしもう少し外れた地点に自宅を構えていたら、近所に働きに出るような環境なんてありません。
逆に、都会に住んでいたら正社員を目指すことなくさっさと派遣登録してフルタイムで働いていたと思います


就職活動中、真っ当な人が一度鬱なり適応障害なりの理由で離職した場合の社会復帰の難しさに社会からの拒絶を感じました。ネットにはネガティブな話しか載っておらず、しかも10年前の話が新鮮味を帯びてまるでそれが一般常識として浸透してるかのような顔をして置かれています。

ただ、社会の拒絶というのは私の「衝動」にも問題があったので
バイトを初めてからは社会の対応がすっかり変わり、すぐに内定が出ました。



ニトロはほぼ自力で内定を取りました。
ブランクさえなければもっと簡単に転職できたんだろうなと思います。


ただ、自力とはいえ色んな人に会ったり面接の失敗を踏まえた上で
9月に急に内定が出始めたので、ただ闇雲に就活に専念するだけでは
ダメなんだなあと思いました。


発達障害の影響で発想が極めて貧困で全体像を見通すことが難しいです
(これについては診断結果が出ています)
本当は誰かに頼りたかったし、導いてほしかった
もっと、社会の福祉制度が合理的かつ身近にあればニトロも苦労することはありませんでした。
無知は罪です。でも、その知識を得ようとする行為が難しくて、それで発達障害者は社会から
阻害され這い蹲る構図ができています。上手に活用している総数なんて少ないんじゃないですかね?
実態を知る由もありません。


ニトロは、稚拙ながらもなんとか模索し、解決しようとする力があります。
言ってしまえばタフな方です。これも脳に備わった機能なのでニトロの人格というよりも
アスペルガーとしての特性が強く出ているために、今上手く機能して社会に戻ることができました。
でも、もっともっと自閉傾向が強かったら?
もっともっと、人と喋れなくて、一生懸命やってるのに結果に結びつかなかったら?
そして周囲に導いてくれる人がいなかったら?

そんな存在が大勢いるような気がしてなりません。
でも、何度も言うように私は自分以外のASDの人を知りません。
ASDと診断されながらも上手に社会を生きている人もいるだろうし、
反対になぜか生き辛くて、でも原因も解消法もわからなくて、孤独な人もいるかもしれません。


ニトロは、一つの指針になりたいと思いました。

自分はほぼ定型に近いASDです。
それでも、人生はマイノリティな方へと追いやられています。
定型に近いくせにASDの存在感はとても大きいです。なのにASDの特別な才能は持っていません。
つまり欠けたものも大きく、普通の人とは埋めようもない溝を持っています。

とても生きづらいです。
でも、自閉のおかげである程度楽に生きているのも事実です。

次こそは上手く社会に組み込まれてドロップアウトすることなく人生を送りたいと思いました。